カントン包茎とは

真性包茎に含まれるカントン包茎は亀頭を無理矢理ださせて包皮が元に戻らなくなり亀頭の根元を締めつけている状態の包茎です。要するに皮の口が狭いとこうなります。

締め付けているということは、亀頭はもちろん包皮の血行が悪くなり鬱血する場合もあります。カントン包茎は仮性包茎と違い保険が適応される立派な病気です。早急に治療する必要があります。


すぐに相談してみよう!

カントン包茎が矯正グッツで治ったという人を私は知りません。少しづつ皮口を広げていくのだとおもいますが、成人になってから簡単に変わるとは思えません。そうこうしている間に性行為を行う機会が来て包皮が裂けたり締め付けがが強すぎて鬱血してからでは遅いです。早めの相談が大事なのです。

亀頭の根元を締め付けて痛い人は圧迫して水ぶくれ、血行障害につながりそのままにしておくと細胞が壊死して切断しなくてはならなくなるという可能性だってあるのです。そこまでほったらかしにする人はいないと思いますが・・・。

カントン包茎によるSEX弊害

カントン包茎も垢が貯まりやすい為、不衛生になり悪臭を発して相手に不快を与えるだけでなく細菌が活発になり性病になる可能性が出てきます。もちろん、それは本人のみならず相手にも影響を与えるのです。子宮頸癌の原因にもなりかねません。

とまあ、包茎全般に言える清潔にしておこうというのとは別に、カントン包茎の場合には包皮に限界がきて皮が裂ける可能性もあるのがこの包茎の特徴です。そんな心配をしながらSEXをしても・・・。すぐに専門家に相談してみよう!


スタッフは全員男性、包茎手術は【東京スカイクリニック】