日本人に一番多いのが仮性包茎

多くの日本人がこの仮性包茎と言われています。仮性包茎自体はSEX時などに問題はなく、通常困ることはありません。ちなみに管理人も元々は仮性包茎でした。

仮性包茎でも、なぜ手術を受けたのかと言うと一番の問題はコンプレックスになっていたからです。温泉などに入る時など、見られたら恥ずかしいのでタオルで隠して入るようにしていました。これが何とも惨めだったことか・・・。

日本人に多いはずのこの仮性包茎ですがあまり見る機会がありません。それは仮性包茎の人は好んでその場所に行かないからです。ですから仮性包茎の人が銭湯などにいったら孤立感を強めるのです。


SEXに問題は無いようである

仮性包茎は基本的に皮を被っている状態ということは亀頭は常に皮膚に守られている状況です。つまり、亀頭が刺激に対して慣れておらず、いざSEX時の刺激に敏感になり早漏になりやすいというデメリットがあります。

さらにカリの部分が大きくなり難い為にSEX時に相手に快感を与えることができない場合もあるそうです。仮性包茎を治す理由は以外と少なくありません。

多い包茎でも嫌われる理由は!

仮性包茎は基本的に皮を被っている状態で、手で剥けば簡単に剥ける状態ですが基本的に皮を被っている為、垢が貯まりやすく悪臭の原因になるだけでなく衛生面でも良くない為、細菌が繁殖しやすくなり病気にかかりやすくなるというデメリットもあります

確かに、常に清潔にしておき常に自分で剥いた状態にしておけばこれらの要因は無くなります。しかし、それはなかなか出来る事ではありません。性病などになる前にしっかりと対策しておくとベストです。病気になってからではなく、病気になる前に対策を!


スタッフは全員男性、包茎手術は【東京スカイクリニック】